冠婚葬祭にて多様されるふくさについて

人間生きていれば何度か必ず経験するもの、冠婚葬祭。
お宮参りや七五三・結婚式・葬式など冠婚葬祭といっても様々な種類の祭りごとがあり、それぞれの祭りごとに細かくマナーが決まっています。
それぞれの祭りごとでマナー・ルールが異なるため、結婚式と葬式では服装のマナーが全く異なったりと、すべての祭りごとで共通に使えるルールやマナーというのは少ないという特徴があります。
たとえば、結婚式は周りを不快にさせなければ服装はそれほど厳しくないですが、葬式で服装マナーを間違えると大変なことになります。
このように祭りごとでは共通で使えるルールなどが少ないのですが、共通で使えるものの一つとしてふくさがあります。
ふくさは祝儀や香典などを包む紙のことを指し、結婚式と葬儀ではそれぞれ使うべき色に違いはありますが、ふくさ使うというルール自体は共通です。
現代ではあまり使わない言葉になりましたが、このマナーをうまく使えることができるかどうかで社会人としてのマナーや人生経験の豊富さなどがわかるものですので、ぜひ知識を深めておく必要があります。

弔事用と慶事用があります
ふくさは用途に合わせて用意しましょう
冠婚葬祭にて多様されるふくさについて
社会人のマナーとしてふくさを使用しましょう