社会人のマナーとしてふくさを使用しましょう

学生時代はあまり縁がなかった結婚式などのお祝い事やお悔やみ事などの冠婚葬祭ですが、社会人になると人との関わりの幅が増え、色々な場面に出席することが多くなります。
特に社会人になってからは友人・知人、会社関係の方などの結婚式にお招ばれする機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。
結婚式で欠かせないご祝儀です。
若い人に多いのがハンカチにご祝儀袋を包んでお渡しするというパターンです。
裸のままよりは、という気遣いは大切ですが、実はマナーとして相応しくありません。
ご祝儀やお香典などをお渡しする際は、送り主への気持ちとしてふくさを使用するようにしましょう。
ふくさは色で使用する場面が分かれます。
赤色・朱色・ベージュ系などの明るい色はお祝い事で使用します。
また、鼠色・黒色・紺系などの暗い色のものはお悔やみ事で使用します。
唯一冠婚葬祭全てに使用できるのが紫色です。
場面を選ばない紫色のふくさは大変便利です。
まだ持っていないという方は大人のマナーとして準備しておきましょう。

弔事用と慶事用があります
ふくさは用途に合わせて用意しましょう
冠婚葬祭にて多様されるふくさについて
社会人のマナーとしてふくさを使用しましょう