ふくさは用途に合わせて用意しましょう

冠婚葬祭において、祝儀や不祝儀をお渡しする機会は多いです。
お金をそのままお渡しするのではなく、祝儀袋、不祝儀袋に入れるのがマナーです。
用途や金額によって、相応の袋を用意します。
さらに『ふくさ』に包むのが正しい作法です。
ふくさには慶事用と弔事用があります。
結婚式などおめでたいお祝いには慶事用、通夜および葬式や法事に使うのが弔事用です。
慶事用は赤や金などの明るい色のもので、刺繍が入っているタイプもあります。
弔事用は黒や紺といった暗色です。
両方で使えるとされているのが紫色です。
紫色のものを用意しておくと大変便利です。
ふくさの形状にも種類あります。
風呂敷状のもの、爪が付いているもの、台座が付いているものなどです。
略式で袋になっているものもあります。
使い勝手の良いものを選ぶといいでしょう。
袋以外のタイプでは、慶事と弔事で包み方が異なります。
中央に袋を置くのは共通ですが、慶事の際は左、上、下、右の順に折り、最後に左側に右隅を折り込みます。
弔事の際は右、下、上、左の順に折り、右側に左隅を折り込むのです。
冠婚葬祭で包み方が異なることを覚えておく必要があります。

弔事用と慶事用があります
ふくさは用途に合わせて用意しましょう
冠婚葬祭にて多様されるふくさについて
社会人のマナーとしてふくさを使用しましょう