弔事用と慶事用があります

ふくさとは冠婚葬祭の時などに渡す金封、つまり香典やご祝儀を包み持ち運ぶための布のことです。
一般的には弔事の際は紺色や緑などの寒色系、慶事の際は赤やピンクなどの暖色系のものを使い、紫はどちらにでも通用する色です。
ふくさに金封を包む理由としては、先方の心中を察し喜びや悲しみを共にするという気持ちや、礼節を重んじますという心遣いを表しています。
また水引が汚れないようにという実用面で配慮も兼ねているのです。
包み方もそれぞれ違い、弔事の際は金封を中心に置き、四隅を右から時計回りに折り包んでいきます。
また慶事の際は左から反時計回りに包みます。
最近では最初から封筒のような形になっており、包む手間が省けるものもあります。
渡し方にも作法があり、弔事の際は右手で置いて左手で開き反時計回りに向きを変えて先方へ渡します。
反対に慶事の際は左手で置いて右手で開き時計回りに向きを変えて渡します。
このように、ふくさの使い方も冠婚葬祭時の礼儀作法の一つなので、覚えておくと良いでしょう。

弔事用と慶事用があります
ふくさは用途に合わせて用意しましょう
冠婚葬祭にて多様されるふくさについて
社会人のマナーとしてふくさを使用しましょう